So-net無料ブログ作成

貴重な資料 2 [ふるいもの]

以前お世話になった、養魚屋さんが、廃業するとのこと。
戦前に作った「池師」の道具を寄贈したいのだが、どうだろうか、という連絡を受ける。

見に行ったところ、おもだったものは既に廃棄されていたが(残念!)、モロコを選別するためのざる状の用具や、泥をかいだすための桶、ヒシ取り用の船やヒシすくいの樽など、20点ほどは残っていた。

特に立派なのは、ヒシ取り用の船、総ひのき造りで、全長3m以上、養魚屋さんも「これは捨てるのが惜しいんや」とのこと。

確かに立派であるが、うちに入れるには大きすぎる。
知り合いの郷土館にでも連絡するか・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。